greeting

世の中には「勿体無い」と感じるものが溢れています。

例えば、渋谷や新宿などの若者で溢れる街に存在しているデパート。
これらは広い敷地を専有しているにも関わらず、1日24時間の内、利用されているのは限られた時間です。
今、利用されていない深夜や早朝、この時間にもデパートの敷地を
利用することが出来たとしたならばどのようなことができるでしょうか。
反対に、深夜や早朝にのみ利用されているバー等、これらを日中に利用することが出来たとしたならば、
どのようなことができるでしょうか。

世の中に既に存在しているにも関わらず、「勿体無い」状態のものを、
有効に活用できるようになるだけで、新たに何かを作らずとも、
まだ知らない何かを発生させることや生活の利便性を向上することが可能です。
また、IT産業が成長してきたことにより、様々なものやコトの利便性が向上してきており、
それに伴い新たなワクワクすることも増加してきていると感じております。

勿体無い「時間」「場所」「もの」これらを、もっと有効に活用することができれば、
もっと多くの楽しさ、笑顔、感謝が増え、ワクワクする世の中を作ることができると信じています。

我々は「勿体無い」と感じるものを、インターネットを活用することで「ワクワク」へと変えるため、
日々突き進んでいく所存で御座います。

 IMG_8609

2016年1月 代表取締役社長 杉生 遊